Year Archives

2018

Google Cloud SDKをセットアップする

2 minute read

普段はもっぱらAWSなのですが、GCP特有のサービス(機械学習や自然言語、BigQueryなど)を使う機会に恵まれたため、まずその調査から始めたいと思います。

Gradleとgradle-tomcat-pluginを使ってローカルでTomcatを起動する

less than 1 minute read

最近自前でwarファイルをJavaコンテナにデプロイする機会が減って、実行可能なfat-jarをsystemdに管理してもらうことが増えました。 ただ、今回は敢えてローカル環境でGradleを使ってTomcatアプリケーションを動作させる方法を調査しました。

AWS Batchで前処理をしてGlue CrawlerでAthenaのスキーマを作成する

2 minute read

以前、 S3にエクスポートされたCloudWatch LogsのファイルをGlueのCrawlerでETLしようとして轟沈した話 でGlueを少し触ってみたのですが、今回はAWS Batchで前処理 + Glue CrawlerでAthenaのスキーマを自動生成しました、という話をしようと思います。

matplotlibのpyplot APIをいろいろ試す

16 minute read

matplotlibはpythonでデータの可視化をするときに重宝しますが、ドキュメントがパッと見わかりにくいので、取っ掛かりが難しいです。

「ピープルウェア」を読んでマネジメントを考える

less than 1 minute read

今更ながらですが、「ピープルウェア」を読みました。人通り読み終えたので、所感を書きたいと思います。 以降の内容は 若干のネタバレを含みます ので、本をまだ読まれていない方は、先に本を読むことをオススメします。

「歴史からの発想 停滞と拘束からいかに脱するか」は組織を歴史の側面から見た面白い一冊だった

less than 1 minute read

「 歴史からの発想 停滞と拘束からいかに脱するか 」を読みました。 たまたまamazonサーフィンしていたら見つけた本なのですが、タイトルが気になったので買ってみました。 人通り読み終えたので、所感を書きたいと思います。 以降の内容は 若干のネタバレを含みます ので、本をまだ読まれていない方は、先に本を読むことを...

子持ちおとっつぁんエンジニアが朝方生活に切り替えて1年が経過した

less than 1 minute read

2017年のゴールデンウィーク明けから私は勤務を朝方に切り替えた。このゴールデンウィークが明けてちょうど1年が経過する。 今回は子持ちのおとっつぁんエンジニアである私が1年間朝方生活をやってみて、身の回りで起きた変化や感じたことをまとめようと思う。

「ティール組織」はこれからの経営者に読んで欲しい一冊

less than 1 minute read

巷で話題の「ティール組織(洋書名:Reinventing Organizations)」をついに読むことができました。 簡単な書評と所感を書きたいと思います。 以降の内容は 若干のネタバレを含みます ので、本をまだ読まれていない方は、先に本を読むことをオススメします。

「人質の経済学」を読んだ

less than 1 minute read

ロレッタ・ナポリオーニ著の「人質の経済学」を読んだのでざっくり書評をまとめたいと思います。 エンジニアだからと、オライリー本 ばかり読んでいてはいけないですね。

Pythonの2と3を切り替えて仮想環境を作る

1 minute read

Python使いであれば、Python 2.x と Python 3.x では文法的な互換性がないため、バージョンを正しく使い分けることは最初の第一歩です。 今回はMac環境でのバージョン切り替えとLinux環境でのバージョンの共存について書きます。

AWS LambdaでCasperJSを実行してファイルアップロードを自動化する

less than 1 minute read

AWS上のデータを別サービスに連携するために、AWS LambdaからCasperJSを使ってファイル配置を自動化する仕組みを作ってみました。 APIでデータをPOSTできれば簡単なのですが、今回はGUI上からファイルをアップロードしないといけないため、技術の無駄遣いをしてみます。

継続的デリバリのためにfeatureのリリースと改善系アイテムのリリースは分けよう

less than 1 minute read

継続的デリバリ(Continuous Delivery)はITの現場で一般的なものと浸透してきました。 継続的デリバリを実現するためには、継続的インテグレーションの仕組みと 再現性のあるデプロイメントパイプライン基盤の整備が必要です。 これにより出荷可能なプロダクトを頻繁にリリースすることが可能になります。 今回...

クロスアカウントで共有されたS3バケットはAWSコンソール上から参照可能なのか

less than 1 minute read

AWS S3はバケットポリシーを設定することで、クロスアカウントでのバケット共有ができます。 設定により、複数のアカウントからバケットに対して操作を行うことができるため、大変便利な機能です。 しかし、バケットのオーナーアカウントではAWSコンソール上でバケットを確認できるのですが、 共有された側ではS3バケットの...

AWS LambdaのコードをTerraformでデプロイする

1 minute read

今更感もありますが、今日はTerraformでのAWS Lambdaのコード化について書きます。 AWS Lambdaは Cloud9 がコンソール上に組み込まれたこともあり、開発がさらに容易になりました。 ブラウザエディタは そのままwebにつながる というのが最大の強みですが、まだまだ手元のリポジトリでコード...

springboot-webfluxのバックプレッシャーを体験してたらいい感じだった

1 minute read

2018/3にリリースされた springboot2 から spring5 がバンドルされるようになりました。 リリースの中でも注目機能と言われている webflux 、とりわけ webflux が内包しているリアクティブプログラミングライブラリである Reactor はspringユーザであれば気になるはずです...

Udemyでサイバーセキュリティコース「The Complete Cyber Security Course : Hackers Exposed」を受講した

less than 1 minute read

昨今の仮想通貨流出問題を受けて、システム開発に携わるエンジニアにとって、セキュリティの専門家でなくても、サイバーセキュリティに関する学習の必要性を感じている方はいらっしゃるのではないでしょうか。 かくいう私もその口で、今回は Udemy というオンライン学習プラットフォームを活用してサイバーセキュリティの基礎を学...

Q# 量子コンピューティングプログラミング言語を試す

1 minute read

もともとは 仮想通貨 を調べていた時に、 量子耐性 という言葉を発見し、量子耐性から 量子耐性のあるアルゴリズム や量子プログラミング言語である Q# に行き着きました。 Wikipediaなどを見てみると、Q# はどちらかといえば研究者向けの言語らしいので、普段の業務との関連性は少なそうですが、せっかくなので触...

2017

ブログ(静的サイト)をHUGOを使って作成する

1 minute read

本サイトでは jekyll を使用してブログを作成しているのですが、他にも HUGO や hexo を使用されている方も多くいらっしゃるようなので、今回はHUGOを使用してブログコンテンツを作成する方法を紹介したいと思います。

pyenvとpyenv-virtualenvでanacondaと共存する

less than 1 minute read

はじめに 今までローカル環境のpythonを切り替えるためにpyenvのみを利用してきました。 anacondaを使用する機会も増えてきたので、pyenv installからのpyenv localコマンドでanaconda環境が構築するのですが、 activateの部分をもう少しスマートに行いたいため、 pye...

TensorFlowのオンライン学習サイトを利用してみる

less than 1 minute read

機械学習を身につけたい意欲 ここ1年で”AI”や”人工知能”のワードを耳にする機会は大変増えました。 NHKの朝のニュースでも頻繁に見るくらいですので、世間一般の方でも「なんかすごい技術」として認知はされているのでしょう。 先日、ダボス会議が開催された際に、以下のような発言がなされたことがニュースとなったことも記...

zsh から fish (shell) へお引っ越しを試みた話

less than 1 minute read

fish との出会い これは本当に偶然の出会いで、 「『大きなスクリーンにソースコードを映して、周囲からいろいろヤジ飛ばされながら、ナビゲーターとドライバーとでペアプロする』あのあれ、なんだったかな?確か頭の方が”fish”みたいな音じゃなかったかな?」と音を頼りに